このサイトは

このサイトは、災害時の救援情報を共有するためのオープンソースソフトウェア「Sahana(サハナ)」に関する日本語の情報を公開しているサイトです。

このサイトのコンテンツは主に、Sahanaの開発元である「Sahana Software Foundation(サハナ ソフトウェア財団)」の公開する英文ドキュメントの日本語訳と、2011年に発生した東日本大震災の後 被災地域での救援活動にSahanaを役立てようとして行われた活動(Sahana Japan Team)に関する情報と、によって構成されており日本のSahanaコミュニティの有志によって作成されました。

このサイトは現在更新されておらず、掲載されている情報は必ずしも最新のものではありません。Sahanaに関する最新の情報は、「Sahana Software Foundation」の公式サイト(http://sahanafoundation.org/)を参照してください。

Sahanaとは

Sahana(サハナ)とは、災害支援に必要な被災状況、支援情報、避難所や物資、施設、ボランティアなどの情報を集め、次の行動のために分析、対策をおこなうためのツール(道具)です。Sahanaを利用することで、情報を地図上にわかりやすく視覚的に表示し、また関係者が様々な情報を一元的に管理・共有し、次の行動に役立てることができます。

Sahanaは、スマトラ沖地震、四川大地震、ハイチ地震など、数々の災害で支援活動に利用されおり、日本でも東日本大震災の後、複数の地方自治体でSahanaを活用した被災者救援活動が行なわれました。

Sahanaには多様な機能があり、ニーズに応じてそれらを組み合わせて使うことができます。より詳しいSahanaの機能については Sahanaでできること にまとめてあります。