地図

状況マップのユーザーガイド

GISマッピングのホームページ  http://127.0.0.1:8000/eden/gis/indexを参照してください。

マップの設定

地図サービスカタログからすべてのユーザーのデフォルト設定を設定できます。:

自分に合わせた設定をしたい場合 ユーザメニュー内の 個人情報を開き、その中の地図設定タブをクリックします。

場所

新しいロケーションの作成:

 http://127.0.0.1:8000/eden/gis/location/create

  1. "名前" フィールドにロケーションを特定できる名前 を入力します。
  2. 「Feature Class」のドロップダウンメニューより、そのロケーションの特徴を選びます(feature classはマーカーを決定します。)
  3. 作成したいロケーションの親ロケーションを選択します。
  4. ロケーションに基づいたマーカーを選択します。- 注意:上記のマーカーの選択はFEATURE CLASSによる地図マーカーをOVER-RIDEします。
  5. Featureタイプを選択します。 (点, 線, 面(訳注:原文では「Polygon」))
  6. ロケーションを指定します。線、または面で指定した場合は簡潔な文章で、点で指定した場合は緯度と経度で指定してください。(緯度と経度の場合は、ddd.dddd度となります。)
    • 注意:南北が緯度、東西が経度です。
  7. 「保存」を選択してください。

変換ツールのヘルプ

  1. 変換ツールを選択します。
  2. "GPS Format" タブか、 "Deg Min Sec Format"タブのどちらかを選択し、情報を入力してください。
    • GPS 形式は は 18° 32.5' (これは、"18"deg "32.5" min と入力されます)です。
    • 度分秒形式は 18° 32' 10" ( DD "18" MM "32" SS "10" と入力されます)です。
  3. 「計算」を選択してください。
  4. 最後に、「XXXを塗りつぶす」 (緯度か経度を選択します。)を選択してください。
  5. 1-4 の手順を繰り返してください。

自動ロケーションのヘルプ

いくつかのリソースは自動的にHTML5のGeoLocation機能を使用して、ユーザがロケーションを探索するのをサポートします。 (例えばFirefox 3.5やChromeのような、新しいブラウザでのみ有効です。)

もし良好な結果が得られないなら (例えば、表示された場所が現在位置とかなり離れている場合) WiFi信号と位置のデータベースをアップデートすれば精度を向上させることができます。転居した場合は、これらのサービスはまだ最新の情報を持っていな いかもしれず、まだ古い住所とあなたのWiFi信号を関連付けるでしょう。この問題が発生している場合、  Google Skyhook Wireless の両方のデータベースのあなたの場所を更新してください。

ロケーションを編集するには:

 http://127.0.0.1:8000/eden/gis/location/

  1. 編集したいロケーションを見つける (検索または属性での並べ替えで見つけてください。)
  2. Feature番号をクリックしてください。
  3. 上のボックスを編集します。
  4. 「保存」を選択してください。

マーカー

 http://127.0.0.1:8000/eden/gis/marker/

  • マーカーで指定した画像は、地図上で場所を表示する際に使用されます。

場所

ロケーション(Features)

 http://127.0.0.1:8000/eden/gis/location/

  • ロケーション (もしくは GIS用語で '地物/Feature')は 点(緯度/経度?) , 線 or 面 (WKT形式)で指定できます。
  • これは次のような他のテーブルから参照することができます:
    • /pr/person/presence
  • これらのマーカーが直接Featureに割り当てられている場合、地図上にFeatureが表示されます。

Featureのレイヤー

 http://127.0.0.1:8000/eden/gis/feature_layer

  • Featureレイヤーは地図とフィード上のレイヤーをエクスポートおよび、他のシステムに視点を提供するために使用されます。
  • これらは、データベースのクエリから形成されています。

Feature クラス

 http://127.0.0.1:8000/eden/gis/feature_class

注意:この機能は現在利用されていません。-今後、別の形で復旧予定です。

  • Feature クラスは同じタイプのFeatureを集めた物です。
    • 共通のマーカーを共有します。 (Feature levelでover-rideされた場合を除きます。)
      • マーカーが定義されていない場合は、システムのデフォルトマーカーを使用します。
    • Featureグループにまとめることができます。
    • 共有リソースへのリンク&追加のポップアップ地図のフィールド

シンボルの設定

今後追記予定

  • Feature Classのアイコンセットは、米国FEMAなどの規格に沿ったかたちで作成することも出来ます。

フィード

データ




Comments